海外旅行での日焼け止め対策

海外旅行をするなら日焼け止め対策はかかせない

 

海外旅行の持ち物の定番といえば日焼け止めクリームです。

 

海外旅行をすると観光をする為に長時間、外で出歩くことも多いです。また、リゾート地へ出かけるのならエメラルドグリーンの浜辺で過ごすことも多いはずです。

 

そのため、1日の間で紫外線を浴びている時間は非常に多くなり、日焼け対策をしっかりと行わなければなりません。

 

日焼け止めクリームなどの対策をしなければ真っ赤に焼けてしまい、身体中が痛くなるだけでなく、発熱して体調不良を起こすことにもなりかねないです。実際にわたしが家族で旅行へ行った際に何度も注意をしたにも関わらず、焼きたいからと何も対策をせずに兄が1日過ごしました。

 

その結果は身体中が焼けど状態となり、2日間ベッドからも動けなくなるほどです。
大きく予定が狂っただけでなく、その後の観光予定地も回ることができなくなってしまったのですね。

 

海外旅行へ行くのであれば長時間の紫外線を浴びることとなるので必ず紫外線対策をするようにしましょう。
ここでは旅行で人気の日焼け止め対策を紹介します。

 

日焼け止め対策は塗るから飲むへ変化

 

今までの日焼け止め対策といえばクリームです。

 

しかし、最近は飲むタイプを利用する人が多いです。飲む日焼け止めなんて呼ばれ方をしますが、最大の特徴としては2つあります。

  • 塗り直しが必要ない
  • 汗に落ちない
  • 海に入っても問題ない

からだの内側をケアすることによって日焼け対策を行うことができるので汗などの影響は全く受けないのですね。日焼け止めクリームには紫外線をカットする働きがありますが、飲む日焼け止めは肌に進入した紫外線から守る働きがあります。

 

実際に海外の多くの国の病院へ提供がされているサプリもあり、皮膚科医でも推奨をしている人が多くいます。日本では2016年に入って利用者が急激に増加していますが、もっと前から海外では注目がされ利用者も多かったのですね。

 

海外旅行で観光をすると長時間歩くので汗をかくことも多いです。
また、リゾート地で海やプールに入ることもあります。

 

汗に落ちなくて塗りなおしたりする手間もかからない飲む日焼け止めは旅行者の日焼け止め対策として必需品になっているのでうすね。

 

肌荒れの心配が無いので海に入る日は多めに飲むこともできる

 

日焼け止めクリームには科学成分が含まれていることも多く、DNAにダメージを与えてしまうのは有名な話です。たとえ科学成分を配合していないものだとしても毛穴をクリームの油分がふさいでしまうため、肌荒れの心配があります。

 

そのため、海に入るからといって念入りに日焼け止め対策をすれば肌荒れに悩まされることも多いです。

 

しかし、飲む日焼け止めであれば肌の心配をする必用はありません。からだの内側から紫外線対策をする為のものなので、逆に肌に良い成分んを配合することで肌力を高めることができるようになっています。

 

飲む日焼け止めであれば日焼けがしやすい日は大目に飲むなどの対応を臨機応変に行うことができるのですね。海外旅行でリゾート地などで海に入る人などにはかかせないものになりつつあるのです。

 

これから海外旅行へ行く予定の人は少し日焼け止めサプリを調べてみると良いはずです。
人気のサプリの口コミに関しては下記でも紹介をしています。
>>>ホワイトベール口コミ